臨済宗妙心寺派 白華山 観福寺

境内案内・御朱印

観福寺の境内

本堂

安永六年(1777)再建、安政六年、明治二十四年大修理、昭和五十四年屋根大改修並びに葺替工事を施工。桁行九間、梁行六間、入母屋造、本瓦葺。棟梁当庄十九渕之住辻村源四郎藤原興庸、脇同中村之住元井朔次郎頼春、同オ野之住榎本文喜智維吉(棟札)本尊千手観音、脇不動明王、愛染明王。庫裡昭和四十二年再建、桁行七間半、梁行四間半、入母屋造、本瓦葺

書院

天保年間建立、桁行六間半、梁行三間半、入母屋造、本瓦葺、周辺に泉水と築山を配する。

開山堂

寛政七年(7195)再建、明治四十四年修理、桁行三間半、梁行三間、寄棟造、本瓦葺、奥に二間半四方の昭堂あり、開山法燈国師坐像、覚元禅師坐像を安置する。前棟の左脇には廃寺となった西光寺、医王寺の本尊を納め、右脇には法燈国師が唐土より持参(寺伝)せし二十躰羅漢を安置する。玄関・客間建立年代天保年間、玄関二間四方、入母屋造、本瓦葺、客間桁行四間、梁桁四間半、切妻造、本瓦葺。

山門

建立年代不詳、再建平成十二年。桁行二間半、梁行二間、切妻造、本瓦葺、四脚門

鐘楼

昭和三十四年再建、二間四方、入母屋造、本瓦葺

本尊千手観世音菩薩坐像春日作(寺伝)

像高100センチメートル、玉眼、寄木造、鎌倉期、後補銘によって天明七年(1787)に修理されているが、慶派の手になる鎌倉様式を明白に残している秀作であるので、当地方として貴重な仏像である。

史跡龍賀法印の墓

永禄七年(1564)法印龍賀防州に生まれ、慶長十二年(1607)
田辺高山寺の第三世となり、寛永元年(1624)に当観福寺の第四世となる。その年の六月三日、同所中村追馬が渕(中浜)において端身印を結んで入水往生する。享年六十一歳。門前の池の蛙の鳴き声を封じた。「鳴かずの池」の伝説にはじまる多くの伝説を当地に残し、慶長から元和にかけて、その徳行において厚くその秘法を修するに効験大であった当地方傑僧の墓として貴重である。

〒649-2332 和歌山県西牟婁郡白浜町栄162 TEL:0739-45-0345

(C)2019 KANPUKUJI All rights reserved.